やってはいけないレザーの手入れ方法

愛用の革製品を守れ!避けるべきレザーお手入れ方法とは?

レザー製品は適切な手入れをすることで長く愛用できますが、間違ったケアをしてしまうと素材を痛め、寿命を短くしてしまう可能性があります。この記事では、避けるべきレザーの手入れ方法について徹底解説します。

目次

はじめに:レザー手入れの基本

正しいレザーの手入れ法を理解する前に、まずはやってはいけない間違った方法について知識を深めましょう。

目次に戻る

やってはいけないレザーの清掃方法

間違った清掃はレザーを痛める原因となります。以下に具体的な例を挙げ、それぞれ説明していきます。

  • アルコールやアセトンを使用する: レザーに含まれる油分を奪い、乾燥や割れの原因となります。
  • 大量の水で洗う: 水分がレザーの繊維を傷め、型崩れやカビの原因となります。
  • 直接熱を当てる: ドライヤーやヒーターなどの熱で乾燥させることは、レザーを硬化させる恐れがあります。

目次に戻る

避けるべきレザー製品の保管方法

適切な保管方法を怠ると品質が低下します。次のような環境は特に避けるべきです。

  • 湿度の高い場所: カビや臭いの原因となります。
  • 直射日光が当たる場所: 色褪せや素材の劣化を引き起こします。
  • 密閉された場所: 通気性が悪く、湿気がこもりやすくなります。

目次に戻る

間違ったレザーの水濡れ対策

レザーが水濡れした時の間違った対処方法もレザーにダメージを与えます。

  • 濡れたまま放置する: 染みやカビが生じやすくなります。
  • 強い力でこすりつける: 表面を傷つける原因になります。

目次に戻る

終わりに:正しいレザーのケアで長持ちを

今回紹介したような誤った手入れ方法を避け、レザーの特性に合わせたケアを行うことが、レザー製品を美しく長持ちさせるコツです。適切なケアで愛用のレザー製品を長く保ちましょう。

目次に戻る

 

 


 

 

高品質を低価格で提供するCOWMONOの革製品は以下よりご覧いただけます。

クレイジーホースレザー製品はこちらから

本革製品はこちらから

革の質感を安価に楽しめる高品質PUレザー製品も発売しております

  


著者情報


著者名: Yama (Cowmono Owner)

職業: Slowth lab 代表

自己紹介: 国内外のアパレル企業にて、セールスやマーケティングに四半期以上従事。モードファッション、スポーツ、アウトドア、サブカルチャーへの造詣が深い。